発酵する東アジア〜台湾の発酵とキムジャン〜 満席
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

発酵する東アジア〜台湾の発酵とキムジャン〜 満席

¥38,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

発酵する東アジア〜台湾の発酵食とキムジャン〜 里山文庫発酵の十二ヶ月 冬編 奈良県にある里山文庫にて、 ヤスダ屋と里山文庫オーナーまえだちさとが それぞれの食のフィールドワークて学んだ東アジアの発酵をみなさまと一緒に作りながらご案内します。 今回は唐辛子と豆を使った発酵を軸に お隣韓国の冬の一大イベント1年分の白菜キムチを漬け込む『キムジャン』 やカクテキ仕込みなどを通して韓国と日本の似て非なる食文化や発酵のお話や、まえだちさとによる台湾の豆の発酵やそのバリエーション。 そしてその活用方法まで、レシピだけでなくそれを取り巻く人々の暮らしを学びながら薬草に囲まれた里山文庫で3日間過ごしていきます。 手を動かした後のお楽しみは毎日のご飯、お伝えした調味料で色々なお料理を作って食べます。

盛りだくさんの3日間とても楽しくなること間違いなしです。
皆様のご参加をお待ちしております。 ___________ 🌶 日程  2021年12月17日(金)〜12月19日(日) 10:00~15:00 🌶 
内容 【1日目 】10:00~15:00
 ・豆腐ようのお話と仕込み ・豆腐よう食べ比べ ・キムジャンのお話と白菜の下漬け ・納豆の話とチョングッチャン仕込み ・お昼ご飯  【

2日目】10:00~15:00 
・豆豉のお話と仕込み ・パイナップル味噌の使い方アレンジ ・薬念のお話とキムチ薬念作り ・カクテキ作り ・お昼ご飯 【3日目】10:00~15:00 ・豆腐よう仕込み ・キムチ本漬け ※内容は、その時期に手に入る食材によって変更の可能性があります。 🌶 ヤスダ屋の発酵(韓国) 韓国の冬を迎える行事の一つキムジャンを下漬から本漬けまでそれぞれの工程の意味を
お伝えしつつ一人一株分を仕込んでいきます。
白菜を干したり、下漬をしている間に韓国の納豆味噌チョングッチャンをしこんだり、お話だけではなく実際に作って行きます。 🌶 里山文庫の発酵(台湾) 豆腐ようや豆豉、パイナップル味噌など台湾ならではの発酵食の仕込み方や食べ比べをしながら実際に一緒に仕込んでみましょう。ランチとして、これらの発酵食を使ったアレンジレシピもお伝えします。 🌶 参加費: 38000円 含まれるもの ・テキスト ・レシピ ・各日ランチ ・お土産 (仕込んだキムチ、豆豉、豆腐ようなどお持ち帰りいただけます) ※宿泊が必要な方は各自手配お願いします (近くでオススメの宿泊施設をご紹介します) 🌶 定員: 4名〜8名まで (最少催行人数4名に満たない場合は  キャンセルまたは延期の可能性があります) 🌶 会場:里山文庫(奈良県天理市成願寺町197-1) アクセス:JR「長柄」下車徒歩15分 奈良交通バス「成願寺」下車徒歩1分 (近鉄・JR「天理」駅から桜井方面のバスあり) ※遠方よりお越しの方は、近隣の宿泊施設をご利用ください 🌶 持ち物 ※現在調整中です。 🌶 講師プロフィール ヤスダ屋 安田花織 在日韓国人のおばあちゃんと農家の日本の母の味、 2つの豊かな食文化に触れながら育つ。 高校卒業後食の世界へ。 懐石料理店、オーガニックコミュニティカフェなどを経て 2012年独立。 繋がりを大切に、出来る限り食材の産地に足を運び 食材の育った風景、作り手の思いを込めて料理を作る。 各種イベントケータリング、出店、お弁当ケータリング、料理教室など行う。 HP https://yasuda-ya.com/ 里山文庫 前田知里 オランダの農業大学卒業後、食と農をテーマにブータンやインド、タイ北部、台湾原住民の村を尋ね歩き、古老たちから保存食や植物利用の知恵を学ぶ。奈良の古民家をセルフリノベし薬膳民泊をオープン。 HP: https://www.satoyamaplan.com/ ___________ 【キャンセルまたは欠席について】 🔸当講座は、3日間の連続型ワークショップです。事前に3日間で作る料理の全てのレシピをデータでお渡しします。必要に応じてプリントしてください。 🔸自己都合でのキャンセル、また、ご欠席の場合、ご返金はいたしません。(ただし、ご友人等にお譲りいただくか、代理出席は可とします) <新型肺炎の流行に伴う対応について> 🔸会場ではマスクの着用、検温をお願いします。 🔸37.5度以上の熱がある場合はご来場をご遠慮いただきます。その場合も自己都合での欠席になりますので、お気をつけください。 🔸奈良県内にて緊急事態宣言が発令され、休業要請があった場合は、延期させていただく場合があります。その場合は、別途ご連絡させていただきます。 (第2回以降の緊急事態宣言では、時短要請は飲食店のみで、料理教室には自粛要請は出されておりません。)